ビジュアルプログラミングツール StataGo

Visual Studio 2015,2017,2019との連携

はじめに

Visual Studio 2015、2017、または、2019(以下 VS201Xと表記) と StateGoを連携させることで、作業を大変楽にすることが出来ます。

 

StateGoにVS201Xを登録する

メニューバーの【ツール】→【ソースエディタ設定】にて、ソースエディタ設定ダイアログを表示します。

 

ソースエディタの指定は、簡単に入力する方法が用意されています。

 

エディタ候補を使用する

 

まずは、エディタ候補に "Visual Studi 2015"(2017または2019)が表示されることを確認下さい。
デフォルトにてVS201Xをインストールしていれば、表示されるはずです。

 

もし、デフォルト以外の場所にインストールした場合はそれぞれの環境変数にVS201Xの実行EXE(devenv.exe)のフルパスを指定して下さい。

 

VS2015Exe -- Visual Studio 2015用
VS2017Exe -- Visual Studio 2017用
VS2019Exe -- Visual Studio 2019用

 

指定後 StateGOを起動し、エディタ候補に表示されることを確認下さい。
環境変数の反映は、PCの再起動が必要になる場合もあります。

 

Visual Studio 201Xが表示された状態で【入力】ボタンを押してください。

 

コマンド欄に呼出し用のコマンドが表示されます。

 

【SAVE & CLOSE】ボタンを押して、完了です。

 

コマンドを直接入力する

 

コマンドの入力欄に直接コマンドを入力することが出来ます。

 

以下の引数を利用することが出来ます。

 

%1 - ファイル名
%2 - 行番号
%3 - ソリューションファイル名

 

履歴を利用する

 

過去に使用したコマンドは履歴に表示されます。
それから、入力することが出来ます。


VS201XにStateGoを登録する

Visual Studio 201Xに外部ツールとして登録します。

 

1. メニューバーの【ツール】→【外部ツール】  → 外部ツールダイアログが表示
2. 以下の内容で登録します。

 

タイトル StateGo(&5)
コマンド C:\Program Files (x86)\PSGG\StateGo.exe
引数  -oc $(ItemPath)

 

SteteGoのインストールパスが異なる場合は、合わせて変更してください。

 

3. OKボタンを押す

 

これで登録完了です。

使い方

StateGoとVS CODEの双方に起動用の設定をすると以下の事が可能になります。

 

ステートのソース表示

 

選択中のステートのソースをVS CODEで確認することが出来ます。

選択中のステートのプログラム部分をエディタで見たい!

以下のいづれかの方法

  • ステートのコンテキストメニューより、【ソースへ】を選択
  • ユーティリティパネル(画面左下)の【ソースへ】ボタンを押す
  • ステートを選択した状態で コントロールキーを押しながら J キーを押す

Visual Studio 201Xが開き、選択中のステートの該当行にカーソルが表示される

 

VS201X表示中のソースに対応するStateGoを開く

 

Visual Studio 201Xで表示中のファイルが StateGoの出力ファイルであれば、変換元であるStatGoをVS CODEから呼び出して確認することが出来ます。

VS201Xで表示中のファイルのSteteGoが見たい!

Altキーを押しながら T キーを押し、5キーを押す

StateGoが起動し、変換元のStateGOファイルを開く

 

ステートのアイテム編集でVS201Xを利用する

 

StateGoはステートに直接プログラムを入力します。その際に、VS201X上で入力することが出来ます。
出力ファイルの該当箇所にマークがつけられ、その間を編集して反映することが出来ます。
そのため、単語の補完機能等を使って楽に入力することが可能です。

ステートアイテム編集の値入力でVS201Xを利用したい!

アイテム編集ダイアログの "外部エディタへ"をクリック

VS201Xが起動し、編集箇所が表示される。

編集してセーブ

アイテム編集ダイアログへ反映

 

トップへ戻る