ビジュアルプログラミングツール StataGo

LOOPとGOSUB

LOOP

 

ステートを繰り返すための機能としてLOOPがあります。

 

ステート作成にて、LOOPを選択することで作成されます。
LOOPは内部にGosubを持ち、サブルーチンを呼出します。

 

LOOPには、初期化、条件、再初期化を指定して利用します。

 

ステートを使うほどもない繰り返しは、通常のステートの中でプログラムで作り込みができます。
ループを作る必要性を確認して使用しましょう。


 

GOSUB

 

何度も同じステートを呼び出すためにあるがのGOSUBです。
サブルーチンは専用の開始と終了ステートがあります。


 


トップへ戻る