ビジュアルプログラミングツール StateGo

最新バージョンのダウンロード

最新バージョンについて

StateGoの最新バージョンはベータ10です。
期間及び機能制限等は一切行っておりません。
無料でフル機能を利用することが出来ます。

 

機能追加が先行しており、説明が足りない状態になっています。
これは、本業のゲームプロジェクトでの利用を優先させている事情によるものです。
どうかご了承下さい。

 

今回ホームページ作成ソフトの導入でWEB作成環境が各段と改善しております。
伴なって説明追加のスピードも上げていく予定です。


実行環境

  • Windows 10
  • 2020/6/28 Beta10 Version 0.65.5617

     

    Beta 10 リリースノート

     

    コピーコレクション

     

    ステートの再利用が簡単にできるようになりました。これによって、作業効率を各段と向上することが出来ます。
    詳しくはこちらをご覧ください。

     

    リセット追加

     

    ファイルメニューにリセットを追加しました。 リセットすると STARTとENDだけの状態となります。

     



     

    ソースエディタ設定の改善

     

    Visual Studio 2015, 2017, 2019, Code への規定のコマンドを自動入力できるようにしました。
    言語とプラットフォームをIDとしてPCに記録されるため、複数のStateGoのソースエディタを一斉に変更することが出来ます。
    また、Visual StudioからStateGoを呼び出すことも出来ます。
    詳しくは以下を参照下さい。
    - Visual Studio Codeとの連携
    - Visual Studio 2015, 2017, 2019との連携

     

     

    新規ステート生成時のコメント追加可否オプション

     

    デフォルトでは、新規ステート作成時に規定のコメントが追加されます。
    このオプションでこのコメント追加を止めることが出来ます。
    コメントが煩わしい場合に利用してください。

     



     

    ウインドウリストの表示場所移動

     

    実行中の全StateGoの一覧を表示し、クリックで移動することが出来ます。
    これまでメニューバーで表示されていたのを左パネル中央下に常時表示するようにしました。
    これにより、他のStateGoへの移動が便利になります。

     



    履歴

    • BETA-9をリリースしました (20/4/25)
    • BETA-8をリリースしました (20/1/25)
    • BETA-7をリリースしました (19/11/28)
    • BETA-6をリリースしました (19/10/12)
    • BETA-5をリリースしました (19/8/13)
    • BETA-4をリリースしました (19/7/15)
    • BETA-3をリリースしました (19/6/2)
    • BETA-2をリリースしました (19/5/5)
    • BETA-1をリリースしました (19/4/16)
    トップへ戻る