コードミックス ビジュアルプログラミング StateGo

最新バージョンのダウンロード

最新バージョンについて

StateGoの最新バージョンはベータ11です。
期間及び機能制限等は一切行っておりません。
無料でフル機能を利用することが出来ます。

 

機能追加が先行しており、説明が足りない状態になっています。
これは、本業のゲームプロジェクトでの利用を優先させている事情によるものです。
どうかご了承下さい。


実行環境

  • Windows 10
  • 2020/8/12 Beta11 Version 0.66.5030

    Zip版 ダウンロード説明

     

    Beta 11 リリースノート

     

    "ループ"と"サブルーチン呼出し"のコレクションをスタートキットから提供

     

    コピーコレクションにプリセットの項目が追加され、そこからスタートキットで提供されたコレクションが利用可能になりました。
    スタートキットには"ループ"と"サブルーチン呼出し"のコレクションが格納されています。
    以下のように利用します。

     

    1. コピーコレクションダイアログを開く
    2. プリセットを選択。
    3. 利用したいコレクションをドラッグ&ドロップで編集パネルにコピー。
    4. 使いたい内容に変更。

     

    #利用例


     

     

    まとめてコメントアウト

     

    複数のステートをまとめてコメントアウトする機能を追加しました。
    以下の様に利用します。

     

    1. コメントアウトしたいステートを複数選択。
    2. コンテキストメニューから【コメントアウト】を選択。

     

    元に戻したい場合は、【CTRL + Z】ショートカットキー、または、空領域でコンテキストメニューを表示して、【履歴】⇒【戻す】。

     



     

     

    ウインドウリストの表示場所移動(再)

     

    Beta10にて移動しましたが、使い勝手の向上にはならなかったため、元のウインドウメニューに戻しました。
    表示を改善するために、ダイアログよりウインドウを選択するようにしました。

     



     

    メニューにショートカット表示を追加

     

    メニュー項目の一部にショートカットを記載しました。
    よく使う機能がショートカットで代用されています。
    せひ、お使いください。

     

     

    スタートキット更新

     

    本リリースノートの最初に言及した通り、全スタートキットに対して、『サブルーチン呼出しとループ機能のコレクション』が追加されました。

     

    それ以外の変更は以下の通りです。

     

     

    追加スタートキット

    • NASM
    • Unity Monobehaviour非継承版

     

     

    新規にサブルーチン呼出しとループ対応されたスタートキット

    • PHP
    • Python
    • Delphi
    • Swift

     

    機能の対応状況確認用に次のページを用意しました。

     

    スタートキット

     

     

    調整とバグ修正

     

    調整、および、バグ修正を行いました。

     

    非インストーラー用ZIP版提供

     

    インストーラを使わないZIP版の提供を開始しました。

     

    2020/6/28 Beta10 Version 0.65.5617

     

    Beta 10 リリースノート

     

    コピーコレクション

     

    ステートの再利用が簡単にできるようになりました。これによって、作業効率を各段と向上することが出来ます。
    詳しくはこちらをご覧ください。

     

    リセット追加

     

    ファイルメニューにリセットを追加しました。 リセットすると STARTとENDだけの状態となります。

     



     

    ソースエディタ設定の改善

     

    Visual Studio 2015, 2017, 2019, Code への規定のコマンドを自動入力できるようにしました。
    言語とプラットフォームをIDとしてPCに記録されるため、複数のStateGoのソースエディタを一斉に変更することが出来ます。
    また、Visual StudioからStateGoを呼び出すことも出来ます。
    詳しくは以下を参照下さい。
    - Visual Studio Codeとの連携
    - Visual Studio 2015, 2017, 2019との連携

     

     

    新規ステート生成時のコメント追加可否オプション

     

    デフォルトでは、新規ステート作成時に規定のコメントが追加されます。
    このオプションでこのコメント追加を止めることが出来ます。
    コメントが煩わしい場合に利用してください。

     



     

    ウインドウリストの表示場所移動

     

    実行中の全StateGoの一覧を表示し、クリックで移動することが出来ます。
    これまでメニューバーで表示されていたのを左パネル中央下に常時表示するようにしました。
    これにより、他のStateGoへの移動が便利になります。

     



    履歴

    • BETA-9をリリースしました (20/4/25)
    • BETA-8をリリースしました (20/1/25)
    • BETA-7をリリースしました (19/11/28)
    • BETA-6をリリースしました (19/10/12)
    • BETA-5をリリースしました (19/8/13)
    • BETA-4をリリースしました (19/7/15)
    • BETA-3をリリースしました (19/6/2)
    • BETA-2をリリースしました (19/5/5)
    • BETA-1をリリースしました (19/4/16)
    トップへ戻る