[[項目名]]
データテーブルの項目名の値を挿入
[[項目名->@マクロ名]]
項目値を行単位で値を引数としてマクロを実行する。
[[項目名:行番号]]
項目値の指定行を挿入する。
[[::ステート:項目名]]
指定ステートの項目値を挿入する。マクロおよび行番号指定可能。

<<<?item-name
コード部
>>>
項目名の値が存在する場合、コード部が有効化される。
<<<?item-name/正規表現/
コード部
>>>
項目名の値を正規表現でフィルターし、値が存在すればコード部を有効化する。
<<<?"{%n}"/正規表現/
コード部
>>>
引数nの値を正規表現でフィルターし、値が存在すればコード部を有効化する。
<<<?xxxx
code-part
eof>>>
"eof>>>"で、変換を停止する。
<<<?...=="文字列"
コード部
>>>
"<<<?..."の値を評価後、stringと等しい場合にコード部を有効化。