ビジュアルプログラミングツール StataGo

新規作成からサンプル実行まで

新規作成からサンプル実行まで

 

はじめに

 

Unity用の新規ステートマシンを作成した時のサンプルを動かす方法を紹介します。

 

サンプルでは、LoopやGosub機能が使われています。StatGoを初めて使う方にはちょっと難しい内容となっています。
そういう方は、環境整備と実行確認のみに使用して下さい。

 

新規Unityプロジェクトの作成

 

最初に新規のUnityプロジェクトを作成します。

 



 

Unityプロジェクト直下にAssetsフォルダが作成されます。
そこにStateGoのファイルを作成していきます。

 

 

StateGoの新規作成

 

1.StateGoを起動し、スタートダイアログの【新規ステートマシンの作成】ボタンを押し、新規作成ダイアログを開きます。

 

2.スタートキット選択より、【C# Unity スタートキット】を選択します。

 

3. ステートマシン名を 例として TestControlとします。

 

4.ソース用フォルダパスに UniyプロジェクトのAssetsフォルダを指定します。

 

5. 【作成】ボタンを押す

 



 

StateGoの編集画面が開きます。画面上にはサンプルが表示されます。

 



 

Assetsフォルダ直下に TestControl.cs と TestControl.psgg(StateGoデータファイル)が作成されます。

 



 

サンプルのコンバート

 

動作を確認するため、一度変換させましょう。

 

ユーティリティパネル(画面左下)の【保存と変換】ボタンを押します。
TestControl.csに変換結果が出力されます。

 



 

サンプルコードのアタッチ

 

Unityのヒエラルキーパネルのコンテキストメニューにて Create Emptyを選択し、空のゲームオブジェクトを作成します。

 

ゲームオブジェクト名をtestとします。

 

プロジェクトウインドウの TestContro.csをドラッグして、testゲームオブジェクトに追加します。

 

これで、実行前の作業は終了です。

 



 

サンプルの実行

 

本サンプルは、ログを出力するだけのものです。
Unity の Playボタンを押すと、コンソールに結果が表示されます。

 



 

サンプルフローの説明

 

1.S_GOSUB - "This is A Subroutine"をコンソールに出力するサブルーチンを呼出します。

 

2.S_LOOP - ループ用の変数を検査し偶数(EVEN)か奇数(ODD)をコンソールに表示するサブルーチンを10回繰り返します。

 

まとめ

 

ここでは以下のことが習得できました。

 

1. Unity用ファイルの新規作成方法
2. ゲームオブジェクトへ適用方法

 

以上

次のチュートリアル

トップへ戻る