ビジュアルプログラミングツール StataGo

Unity

Unityはマルチプラットフォーム対応の超メジャーなゲーム開発環境です。
敷居の低さから多くのゲーム開発で利用されています。

 

Unity開発で使われる言語はC#です。他の言語もありましたが廃止されるようです。

 

Unity上でStateGoを使ったチュートリアルを行います。

Unity記事一覧

はじめにUnity用の新規ステートマシンを作成した時のサンプルを動かす方法を紹介します。サンプルでは、LoopやGosub機能が使われています。StatGoを初めて使う方にはちょっと難しい内容となっています。そういう方は、環境整備と実行確認のみに使用して下さい。新規Unityプロジェクトの作成最初に新規のUnityプロジェクトを作成します。Unityプロジェクト直下にAssetsフォルダが作成され...

はじめにStateGoを理解するために一ステップずつ解説するチュートリアルです。定番の『Hello Word』まずは、定番のHello Worldを表示するステートマシンを作成します。準備先の記事【新規作成からサンプルの実行まで】を実践し、Unityのセットアップ及びStateGoの初期サンプル実行に問題がないかを確認下さい。リセットTestControl.psggをダブルクリックして、State...

はじめにStateGoを理解して頂くために一ステップずつ解説するチュートリアルです。分岐処理を学習します。プログラム仕様これから作るプログラムの仕様は以下のとおりです。ランダムで1から10の数字を一つ選択1の場合は"1st"2の場合は"2nd"3の場合は "3rd"4以降は "4th"と表現する。最終的に、 "You are XX." XXの部分に上記で作成した文字列が入る準備このチュートリアルは...

トップへ戻る